育児をしながらの家事を楽して終わらせる方法

家事を終わらせるコツを把握

>

工夫すれば楽に終わらせることが可能

時間に余裕がある時に作る

赤ちゃんは、まだ大人と同じものを食べることができません。
ですから食材をすり潰して作った、離乳食を食べさせてあげましょう。
しかし大人用の食事も作って、離乳食も作るとかなり長い時間が掛かってしまいます。
時間がある時に離乳食をたくさん作って、冷凍庫で保管しておきましょう。

すると離乳食を毎回作る手間を削減できるので、時間短縮に繋がります。
小分けにしておくと、1食分を解凍しやすいので便利です。
冷蔵庫では、長期間保管できないので気をつけてください。
たくさん作った離乳食は、必ず冷凍庫で保管してください。
いくつか、バリエーションの異なる離乳食を保管しておくと良いですね。
すると赤ちゃんも飽きることなく、食事を楽しめます。

洗い物を減らすために

冷凍した離乳食を使うことで、洗い物を減らすメリットが生まれます。
毎回自分で作っていると、包丁やまな板などの調理器具を使わなければいけません。
使ったものは洗わなければいけないので、面倒な手間が発生します。
手簡単に家事を終わらせるためには、なるべく洗い物を増やさないで料理することを心がけてください。

大人向けの食事を作る時に、レタスやミニトマト名など洗うだけで食べられる野菜を使うのがおすすめです。
また、ワンプレート料理を意識しましょう。
お皿を1枚しか使わないので、洗い物の削減に効果を発揮できます。
主食や主菜、副采をお皿に乗せて食卓に出してください。
綺麗に盛り付けると、カフェに出てくるような食事になります。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ